読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイバー遊民

日々遊んで暮らしたい。

僕だって座りたい時はあるんだ!マタニティマーク以外のマークを作ってみた

こんにちはDai5です。

 

 僕はお腹が弱く、通勤していたりすると電車の中で急な腹痛に襲われることが度々あります。

 昔いた会社では、通勤ラッシュのストレスからよく途中駅で下車し、トイレに駆け込んでは遅刻することもしばしばでした。最近では、通勤ラッシュの時間帯を避けられるようになったということもあり、昔と比べるとだいぶ楽になりましたが、それでも急な腹痛はたまに襲ってきます。

 

 先日も、腹痛に襲われた折、たまたま優先席が空いていたので、ここは座って目的の駅までやり過ごそうと腰掛けた瞬間、現われたるはちょっと恐そうなおじいさん。

 「若いものが老人を差し置いて優先席に座るんじゃない」

と僕の腕をつかみ、無理矢理立たせるではありませんか。そして、その席に自ら腰を下ろしました。

 

 ぼくは驚きのあまり言葉も出ず、内包物がこぼれぬようぐっと尻に力を入れるのが精一杯でした。まわりも僕とお爺さん見るだけで、誰も何も言っちゃくれません。

 僕はね、誰でも良いから一言声をかけて助けてほしかった。

 それだけで、僕の心は救われたんだよ。

 だって、動けないくらいお腹痛いし。文句をいって争いになるとこの手の人って暴力を振るうかもしれません。まあ、僕の場合は殴られ慣れてるし、いくらへっぽこでも一応ボクサーだから回避率も通常よりはちょこっとだけ高いので、暴力の方に恐怖心はありませんが、こんなお腹痛いときにこんなマジキチ爺さんと正面切って争う気力もありません。

 結果的に僕はトイレを急ぐために電車を次の駅で降りるという「逃げの選択」を取ったわけですが、なぜ何も悪くない僕が逃げなければいけないのか理解できませんし、傍目にみていた人にとっては「僕がお爺さんに怒られて優先席を立たされ、いたたまれず次の駅で逃げた」という図式が成り立ってしまいかねません。僕は悪者ですか? 

 

 このとき僕は「マタニティマークみたいなものがあればなあ」と思いました。

 

 そもそも、日本の優先席事情は「明らかな怪我人か老人か妊婦しか座るな」といった外面からして一発でわかる「助けが必要そうな人」にしか優しくできていません。でも、優先席に座りたいって人はもっといると思うんですよね。

 例えば、急な腹痛に襲われた人。体調が悪くなったり気分が悪い人。見た目には健康そうだけど、足とか悪い人。かなり疲れている人。泥酔で立っているのもやっとの人など。

 「泥酔って自己責任じゃん」

という人もいるかも知れませんが、優先席ってそんなものでしたっけ?

 僕は今その時に必要としている人が座ったり、必要としている人に譲ったりするのが当然だと思っているのですが、違いましたか?

 もちろん妊婦がラッシュ時を避ける事や、体調があらかじめ悪い人なら休憩してから電車に乗るということはやるべきだと思いますよ。泥酔するまで飲むのだって避けるべきです。でもどうしようもできない時ってあるものですし、急に体調が悪くなったらとりあえず電車で家路や目的地に急ぎたいという気持ちになるものだと思います。

 

 「わかりやすい人」しか優先席に座るなという暗黙の了解みたいなものがあるので、妊娠初期の女性などは苦労をしたことや肩身の狭い思いをしてきました。しかし、これらの事情はマタニティマークの普及や認知により、だいぶ緩和されてきたかと思います。

 ですから、マタニティマークっぽい「気付いてほしいアピール」をするマークを作ってみましたので、これを普及させましょう!

 

というマタニティマークのパロディを作る理由として長々とこじつけてみました。

・マタニティマーク

f:id:dai5m:20151221001021j:plain

こちらをサンプルにいくつか作ってみました。

 

腹痛用

f:id:dai5m:20151221001157j:plain

今日の僕のパターンです。

おなかに赤ちゃんはいませんが、何かいます。

エイリアンかもしれませんので座らせてください。

社蓄用

f:id:dai5m:20151221001411j:plain

 下がりつつある日本のGDPですが、それでもなんとか食い止めてくれているのは残業サラリーマンあってこそです。終電近くになると、たまに本当に辛そうな人がいるので、そういう人には席を譲ってあげてください。または、眠っていても肩を貸してあげてください。

というそんなマークです。

飲み会をした大学生用(につけるよう)

f:id:dai5m:20151221001853j:plain

金曜日の深夜になると駅前や電車内ででゲロを吐いたりダウンしている大学生が多く出現します。そんな彼等の鞄にひっそりと付けてあげて下さい。

優先席を譲りたいけど事情がある場合

f:id:dai5m:20151221002907j:plain

 疲れたり眠たくなったりしたときは、不意に元気が溢れちゃうものなんですよ。

 そんな中、妊婦や老人が目の前に立ってなんだか席を譲って欲しそう、周りからも「席譲れよ」的な視線が飛んできたとします。

 って時には鞄からひっそり、これを取り出して身につけると、「あっ!なるほどね!」と皆も納得してくれるはずです。

 きちんと鎮まってから、席を立てば良いのです。みんななぜか笑顔です。

精神的に辛い場合

f:id:dai5m:20151221003726j:plain

 何も辛いのは、肉体的なものだけではありません。

 もう立っているのも辛いメンタルの時もあるはずです。僕も今年の年始に100万近い含み損を抱えていたので気が気じゃなかった。なんとか助かりましたけど。

 

 てな感じで、パロディを作ってみましたがマタニティマークをディスってるわけではないので、あしからず。

 

 しかし、作ってはみたものの実際に電車でFXのやつ付けてる人見かけたら確実に笑うなあ。