読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイバー遊民

日々遊んで暮らしたい。

『ポケモンGO』やってみたけど、とくに歩かなくてもタマゴがかえりそうでワロタ

ゲーム

ポケモンGOが本日リリースということで、早速僕もプレイ。

無職・東京在住・ボクサーという三種の利を活かし、ロードワークがてらポケストップをまわりまくり、タマゴを育てまくってスタートダッシュを盛大に決めてやろう!と意気込んでさっそく課金プレイをしました。

 

そして家に帰り、本日の面接の準備をしていたところ、あることに気が付きました。

あれ、歩いてないけど距離稼げてね?

f:id:dai5m:20160722142053j:plain

その状況を簡単に説明しますと、この状態で充電+wifi付けっぱなしで放置しているだけです。

あ、汚い部屋ですみません。

f:id:dai5m:20160722142607j:plain

家に帰ったばかりの頃は、僕の家の部分でとまっていたのですが、充電についないでしばらくしていると、なぜか僕の部屋をとびだしてどこかへ歩いていくキャラクター。

 

なにこれ、ちょっとこわい。

f:id:dai5m:20160722143122j:plain

ついに道路にまで出てしまうキャラクター。

そして、しばらくこの辺りをうろうろして、立ち止まったり歩いたりしています。

 

さて、タマゴの距離のほうはどうなっているんでしょうか。

f:id:dai5m:20160722143915j:plain

ボヤけてて見にくいかもしれませんが、左上から0.8km 0.8km 2.0km 1.6km 2.0kmです。時間は13:53です。

 

さて、次に14:33分という40分後の画像です。

f:id:dai5m:20160722143708j:plain

左上から、0.9km 0.9km 2.1km 1.7km 2.1kmです。

 

100mほどしか、違いませんが、40放置しただけで確かに距離は稼げています。

正確な距離だとどうでしょう。

f:id:dai5m:20160722144613j:plain

40分前は1.96kmでしたが

f:id:dai5m:20160722144701j:plain

40分放置すると、2.11kmです。

まあ、これを利用すれば、寝ている間も歩数は稼げますよということですね。

ポケモンとも普通に遭遇する

f:id:dai5m:20160722150244j:plain

当然歩いている事になっているので、ポケモンとも遭遇します。

ニョロ……なんてポケモンか忘れましたが、とにかく出てきます。

なぜこんなことがおこるのか

理由を3つほど考えました。

GPSの正確性

Google mapでナビを使っていて、急にびゅんびゅん距離が移動するように、GPS機能というのはそこまで正確ではありません。

あと、基本的にGPSは道路を基準に作られています。

なので、道路から外れて歩いていると、ポイントは道路に戻りたがるのです。また定期的に位置を割り出そうとする際に、微妙にポイントがずれてしまいそのせいでうろうろするのだと思います。

結果的にそれが、歩いた事になっているのかと。

ポケモンGoのバグの可能性

まだ初日ですからね、修正食らう可能性は十分にあります。というか修正される気しかしません。皆急げ!(何を

 

地の利の可能性

土地的に高いからなのか、マンションの高層だからなのか、角部屋だからなのか、GPSのポイントがずれやすい位置にあるからなのか。

もしかすると、僕の住んでいる部屋が特殊な環境にあるからかもしれません。

 

地の利がすごいポケモンGo

僕の家の周りには、見ての通りスポットが全くありません。

就職活動で銀座に出てきたのですが、そのときのスポットはすごいですね。

20mほど歩くたびにスポットに出くわしますし。

 

あと思ったのか、今回のように歩かなくてもある程度タマゴが育つとなると、加えて「歩かなくても家の前がジムだ」とか、家の真下のローソンがスポットだぜ!みたいなのを期待してしまいますよね。

ほんと、家の前がスポットとかうらやましすぎます。あと銀座在住。

仕事での有利

営業最強。

東京で歩き回る営業は最強ですね。これが理由でやっぱり営業で探そうとか迷ってます。

あと、僕のように毎日走る人もかなり良いですね。ジムのランニングマシンじゃもう走らないぜ!

 

ただ電池めっちゃくう

スマホ、タブレットを常に持って歩いているので、最近Ankerの大容量バッテリーを買いました。2ポートで二つも充電できるし、安くてバッテリー容量も多く何度も充電できるのでコストパフォーマンス最強です。

手放せませんね。

 

あと、バックライトを切っていても、歩いていることにするためには、ずっと画面で起動していないといけないので、気が付いたら結構スマホが熱を持ってますね。

 

タブレットの方はスペックも高いし熱をもたないので、タブレットに切り替えてやりますかね。

 

まあ、初日の感想はこんな感じです。

ぜひお試しあれ。