仕事

割と簡単に給料・年収を上げる方法。給料交渉で月5万給料を上げてもらった話

今回は何年か前に僕が月収を上げた方法を紹介します。

最近では「年収を上げる方法=副業」という話があふれていますが、今回は副業の話ではありません。副業ではなく本業のほうの給料を給料交渉で上げてもらおうぜ、という話です。

給料交渉は海外では頻繁に行われていますが、日本ではあまりなじみがありません。というのも、会社が社員を評価し「今回のボーナスと昇給、来期の給料はこれくらいだから」と一方的に通達するのみというのが日本の一般的なスタイルだからです。上司が人事に人事評価をあげて、その点数や内容によって「こいつ給料これくらいでいいんじゃね?ww」というのが判断されるわけです。

でも、自分は給料もっとほしいわけです。

そのためには、実績と結果を残して、会社に評価される必要がある。だから、勉強をしてスキルをつけて、そのスキルを事業で活かして結果を出さなければいけない。

そう思っていた時期が僕にもありました。でも実際に必要なのはスキルと経験だけです。いい実績とか必要ないです。

給料が上がりにくい負のスパイラルに入っている日本企業

その昔、日本はとてつもなく金払いの良い企業であふれていました。

「終身雇用」「年功序列」

たいして役に立っていなくても、会社で働いた年数に応じて自動的に昇給していき、しかも定年まで働かせてくれる。そんなシステムを多くの企業が取り入れていました。それだけ売り手市場で生産力が高い時代がありました。しかし、バブル崩壊とリーマンショックで大きくその体制は変わりました。

「終身雇用」「年功序列」の崩壊。非正規雇用の割合が増え、正社員の給料も伸び難くなりました。
この二つの不況を乗り越えた企業側は固定費を抑えるという方向にシフトしていったのです。

クビを切りやすい非正規雇用の割合を増やして儲かっている時はどんどん非正規の採用で労働力を増やす。 正社員に関しては毎月支払う給料という固定費をできるだけ低くおさえ、儲かったときはボーナスで年収をあげる。

例えば、あるサービスがヒットした年はボーナスがたくさんでたから年収600万円だったけど、次の年はボーナスがほとんど出なかったので450万だった。という賞与による年収のボラティリティが大きくなったのです。

そうすれば、不況が続いたときに非正規雇用を減らして、ボーナスを低く抑えれば固定費が少なくなり会社の負担を減らせます。

しかし近年、儲かったときも、ボーナスで還元せずに内部留保として社内に蓄え続けている企業が多く問題にもなっています。もう8年連続で企業の内部留保金額は右肩上がりです。2019年の調べでは475兆161億円という内部留保金がありました。増税とかコロナとかで個人の財布の紐が固くなるように、企業もまた財布の口を閉じているのです。

バブル崩壊以来、日本は儲かっても不況になったときのことを考えるようになりました。利益を出した年に「次の不況の時、耐えるために」とそれほど還元しなかった企業がコロナになって賞与を大幅に下げたり、非正規労働者を大量解雇したりして問題になったのも記憶に新しいですよね。労働者からすれば「あの時の金を使ってボーナス減らさないでくれよ」という気持ちですが、経営側からすると減った売り上げで赤字になった分を補填するために使う用なので、労働者に還元されることはありません。

とにもかくにも労働者にお金が還元されない。そんな時代が来ているのです。

給料交渉の始まりは賞与によるボラティリティが高い問題から

当時の僕も完全にこれでした。

月収は手取りで同じ年代のサラリーマンよりも少し低いくらいでしたが、2月と8月に賞与がありその額がそこそこあったので、基本給が低いことは気になっていましたが、不満ではありませんでした。

ところが、楽しみに迎えた賞与の8月。ロードバイクを買うか、電動の折り畳み自転車を買うか悩んでいた僕に告げられた賞与の金額は8万円というはした金でした。

daichi
8万ならいらんわ!

僕はキレました。

そこそこ残業をして、ミッションは十分達成というほどではないものの、1からチームを作って回していくという体制を立ち上げるために頑張って貢献していたし上司はその評価をしてくれているものとばかり思っていました。

正直8万とか残業とかせずに隙間時間使って仕事すれば副業で1か月くらいで稼げる額です。その時間を半年間事業に使ってきたのに。

そんな思いでした。

僕は上司に相談しました

下記は上司に送り付けた内容の原文そのままです。具体的な金額や会社名・事業名などは伏せていますが。

daichi
今回の賞与に関して8万円といつももらっている〇分の1ほどの金額かつ昇給なしという状況でした。

〇〇からの査定でA-[エーマイナス]として人事に評価をあげていただきましたが、全体の業績と相対評価を鑑みてこの金額になったと説明を受けたのと、昇給も今回はないという説明でした。

そもそも基本給が〇〇万+みなし残業と少ないので想定年収〇〇万とでており、賞与・昇給あったので年収〇〇万ほどかつ、ボクシングとうまく両立させてもらっているというところもあるので、満足とは言わないまでも、この金額で十分だと納得していましたが、年収〇〇万まで下がるようならかなり面倒ですが他を探したいです。年収〇〇万だと正直年収〇〇万円~とか条件つけて別のところ探した方が良いかと思います。

このままだと新宿(移転先)までご一緒させてもらうのも難しくなるかと思ってます。

正直アプリのマーケもでき、数値分析、広告の運用経験もある、SEO、印刷などの広告などにもある程度わかっている、営業経験やMVPの経験もあるという人材を年〇〇万はないかとおもってます。

もし待遇良くなるのであれば、まだまだ事業を伸ばしたいことや、メディア事業全体に広告や運用などの知識、まだ伝えられていないノウハウなどあり浸透させたいので色々動きたいという思いもあり、ご一考いただけないかと思っており、その相談でした。

という感じでもう辞める覚悟半分で給料ここまで上げないと転職するよ!ってことを伝えました。

この時は交渉してみよう、という策略的なものはありませんでした。8万とかいう正直ちょろっと副業すれば稼げる程度の金額を提示された時の衝動的な怒りでした。

それから上司が調べてくれた結果、衝撃的なことが発覚しました。

当時僕は新しくできたグループ会社の子会社に出向していたのですが、僕が出向している1年の間に社長が代わったということもあり「だれこいつwwよくわからんからB査定でww」という感じで出向元からはA-判定で評価が出ていたのに、所属会社の方ではB査定に勝手にされてしまっていたこと。本当に「出向で何やっているかよくわからんから」という理不尽な理由。

そして、ボーナスが抑制されたのは、事業の根幹であるゲームアプリ開発が思った以上に利益が出なかったから。という事業も部署も違う僕には全く関係のない話を聞かされました。

その時僕は思いました。

daichi
あ、ボーナスが良かったからこれまで気にならなかっただけで、ボーナスがほとんど出ないと、いっきに年収下がるし年収のボラティリティが高すぎて安定の正社員とは程遠いな…
と。

そんな感じで始まった給料交渉ですが2週間ほどの話し合いの末「基本給のベースを5万円アップしてもらう」という方向で決着がつきました。

これをやっておいてよかったなと思うのが、まさに今です。その後のコロナ禍でまた会社の業績が結構悪くなってボーナスも少なかったのですが、年収は安定していました。

給料をあげるには必ずしも実績と結果がすべてはない

冒頭でも少し触れましたが、スキルがあれば結果は必ずしも必要はありません

会社の中にいて、その会社の昇給ライン・給与形態の中でやっているからわからなくなるだけなのです。何か目標を定めてそれを「達成できなかったから昇給やボーナスは低いままだね」というのは企業側の勝手な仕組みなのです

考えてもみてください。例えば転職するときに、別の企業は「こんなスキルを持っている人がいいなあ」と採用の軸を設けていますが、そこに「プロジェクトを成功させ100億の売り上げを達成させた人」などといった条件なんてないはずです。確かに「プロジェクトを成功に導き、100億の売り上げを上げました!」という華々しい実績が言えれば更にいいのですが、企業側はそこまで求めていません。

なぜなら「売れる・売れない」とか商材とかプロジェクトの方向性とか、結局なのですから。

死んだような「絶対うれないだろこれww」っていうプロジェクトに入れられて、そこで「やっぱり売れませんでした」って人は転職したら採用されないのか?良い企業には行けないのか?っていったらそんなことはないでしょう?

「こういう改善をしてきた」とか「こういうスキルを使った」とかそこで得られたスキルこそを企業は求めています

ですから、結果が上がらないのは基本的には企業のせいです。

目標を達成できなかったからっていう理由はおかしいのです。

転職において「スキルがある」「運用経験がある」ということは給料に実際に反映されます。そこで企業側との昇給や給与形態に自分の持つスキルとの市場価値とのズレが出てきたら給与交渉をするべきなのです。

例えば転職サイトをみたり、エージェントの人に話を聞いてみてください。

条件

〇〇を2年運用してきた経験のある人 年収550万~

とかってよくありますよね。

それがあなたの市場価値です。それで実際に僕のスキルと市場価値は80~100万円ほどずれていたのです。提示している金額が大きいところだと150万ほど違いました。

糞みたいなプロジェクトに放り込まれて利益が上がらないからってスキルをこっちは身に着けて成長しているのに、年収は低く抑えられていたとかってよくある話です。

給料交渉をするまでの前提に副業や貯金は大事

ここで副業の話に入ります。

副業をやって副業でまたスキルを身に着けること。そして、副業で「別に今すぐ仕事を辞めても何の問題もないけど?」という心理的強みを持つことは、強気に給料交渉を行う上で大切です。

ひと昔前は、副業が禁止され、この会社を去ったときに他でやっていける自信がない。そんな人があふれる世の中でした。しかし、今は副業が解禁され僕自身も自分で仕事を持っていたり、頼りにしてくれる方もいるし「仕事をください」といえばくれるクライアントもいます。職歴も広告業界なら手広くやってきているので、結構どこへでも転職できると思います。

ただ、ボクシングとの両立が面倒くさいというだけです。

今すぐにやめてもしばらく食べていけるという貯金でも大丈夫です。

とにかくやめると2~3か月のうちに破綻するというようなことがなければ強気に給料交渉ができます。

年収を上げるのは給料交渉でやるのが一番手っ取り早い

給料交渉>転職>節約>副業>投資

僕の考える年収を増やす効率の良さの順番です。

よく将来が不安だとか、副業を始めるという時になぜか投資から手を付けるという人があふれていますが、投資なんて一番最後です。

年利5%くらいで運用できれば良い方という株式投資ですが、100万円で運用しても年5万円です。
巷には、なけなしの貯金をアルバイトで貯めて30万円から始めた株で億万長者なったという話があふれています。しかしそんな人「100万人いたら1人くらいはそういう投機という博打で勝つ人もいるよ」という統計のお話でしかありません。

僕もあなたも、多くの人がそうであるように、だいたい資産の20%で運用して平均して5~6%の年利をあげるというのが一般的ですし、それ以上は危険です。実際にこのラインを超えていた多くの人はリーマンショックや不況のボラティリティの高い波にのまれて資産を失っています。億万長者になったという話よりも、株で資産を溶かしたという話のほうが、はるかに多い体験談として見つかります。

つまり、安全に100万円で運用するためには資産500万円以上を持っている必要があるわけです。それでようやく年5万円です。資産1000万あったとしても年10万円ですからね。

それって副業で働いたり、節約で出費を減らすだけで年5万なんて簡単に作れますし。そっちの方が楽です。

なので優先順位的に100万しかもっていない人はまずは節約や副業が先なのです。

しかし、副業も節約も自分の時間を削って行うものです。「外食やコンビニとかで買った方が早いけど、高いから自炊にする」とかっていう節約も、お金を払えば便利で時短できるものを時間をかけてお金を浮かせている行為と捉えることもできます。

副業も節約も1日のうちに何時間か、1年のうちに何十時間かという時間を消費しているのです。

それに対して転職・給料交渉は同じ8時間という労働時間の中で単純に給料のベースアップになります。

しかし、転職はギャンブルです。

次の会社はどんな職場か?上司は良い人か?残業時間は?働きやすい環境か?仕事は難しくないか?チームは良いチームか?無茶を言われないか?など色々とあります。転職成功して働きやすくなって、残業も減って給料も増えて、有給も使いやすくなって、上司も良い人。ってことはありますが、できれば今の慣れて新しく学ぶことも少ない環境で働くのが楽ですよね。僕なんて仕事云々よりも人の名前がなかなか覚えられずに最初はそれが結構辛かったりします。

今までとやることは変わらないのに、給料だけ上がる。昇給とは違ったルート。それが給料交渉です。

これが最も効率が良いと僕は思います。

以前インド人は給料交渉が得意だという話を読みました。退職する気持ちがなくても「退職されたんなければ給料をあげろ」という交渉をします。自分だけにしかこの仕事はわからないブラックボックスの仕事を作って抜けたら困るという状況を利用して給料交渉をすぐに行ってくる。そうやってゴネまくった結果、給料が5倍になったというこの話が面白いのでぜひ読んでみてください。

友人が会社を辞るときに引き留められて提示年収が大幅に上がった話

思えば、友人がDenaという会社を辞めた時に、大幅な年収の提案があったという話を僕は聞いていました。

その友人はゲームアプリのマネージャーをしていたのですが、Denaからサイゲへ転職が決まって上司に相談した際「お願いだからやめないでくれ」とかなり大幅な年収アップを提示され、その金額がサイゲの提示してきた金額よりも高くなったので一瞬迷ったと言っていました。ただ、サイゲのほうが楽しそうという理由でその友人は結局サイゲに行きました。ウマ娘というアプリがリリースされましたが、そちらを担当しているようです。

僕はそんな話を聞いていたにもかからず、自分には全く関係のない話だと決めつけて笑い話として聞いていました。インド人の記事を読んでいたにも関わらずです。

今思えば、こういう話って表ざたにならないだけで、結構いろんなところで行われているのだと思います。

表に出てこないというのは「あいつ給料交渉してあげてもらったらしいよ」という話が外に出れば「じゃ、俺もwww」という話になります。

だから「会社のみんなには内緒ね」という口止めを条件にしている場合が多いのです。

正直タイミングを見計らって言ってみたもん勝ち

また、こんな話もあります。

介護職の新人の話

介護職で新しく採用された新人が、初日の仕事終わりに社長のところにやってきて

聞いていた労働内容と違う。もう1万円給料をあげてもらえないと辞めます!

と強めに言ったそうです。そうして、その新人は1万円の昇給をゲットしました。

この話も僕は誰かが話していたのをふーんという気持ちで聞いていました。

何がすごいって、介護職で1万円の昇給って結構な金額なこと。(今のふつうのサラリーマンでも年5000~6000円の昇給が普通です)

ましてや、介護職というのは介護される側が払っている金額ではとても運用は賄えないから、政府からの支援金目当てでようやく成り立つような事業です。一般的な企業は業績によって昇給などが決まったりしますが、介護や保育などといったソーシャルワーカーは結構こういった事業形態をとっていることが多く、事業支援金が上がらない限りは大幅な昇給はありません。ですが上がりませんよね。

ですので基本的に給料上がらなくて儲からない代表的な職業で初日にいきなり1万円昇給するというのはかなりすごいことです。

そして儲からない故になかなか人が集まらない介護業界。転職や新卒採用にコストをかけてようやく採用が決まった新人。介護の採用には1人あたり10万円の採用コストがかかるという話もあります。

そんな10万円をかけて採用した人材が1日でやめる可能性がある。採用側からするとたまったものではありません。

そう、思えば転職や採用初日って結構いいタイミングだったりするわけです。

こういう話は、結構言ったもの勝ちだと思います。

僕だって、怒って「8万!?はあ?もう辞める!」なんて言わずに黙って我慢していたら、今もまだ給料そのままだったと思います。

そして、基本給が上がったことで次に転職する際に「前の会社ではこれくらい貰っていました!」という一段上の給料を目指せるようになりました。

「いや、給料上げってもらったのに次の転職考えんのかいw」と思うかもしれませんが、給料は僕のスキルに対して支払われているもの。市場価値と僕のスキルの間にズレが発生しており、そこを修正してもらった結果にすぎません。もちろん感謝はすごくしているので、できれば長いこと働きたいと思っていますが。

 

おすすめ記事

1

プロテインの中でも味の種類が多く、安くて高品質という理由から国内でも人気のマイプロテイン。amazonなどでも購入できますが、実は公式サイトのセール時に購入するのが最もお得な買い方だったりします。 今 ...

-仕事

© 2021 monobox